仮想通貨まとめ

仮想通貨の最新情報をまとめてお届け!

韓国・ビットコインを題材にした投資詐欺

   

韓国・ビットコインを題材にした投資詐欺

被害額は380億ウォン(日本円で約38億円)

韓国ハンギョレ新聞によると、全北益山警察署は、ビットコインを題材に投資を持ちかけ、被害者から約380億ウォンを集めたとして「類似受信行為の規制に関する法律」に違反したとして、容疑者6名を書類送検しました。

この詐欺によって被害を受けた人のほとんどは、主婦や退職者など、仮想通貨に対してあまり知識がなく年齢層の高い人々だった。

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.cryptocoinsnews.com
www.hani.co.kr


スポンサーリンク

詐欺の実態は?

容疑者らは、2016年1月にソウル江南区にビットコインを題材にした投資会社を設立した。

このオフィスでビットコインの概念と投資方式、収益に関する投資説明会を開き、『仮想通貨に投資すると180%までの利益を確保でき、他の投資家の募集手当も用意する』という条件で資金を集めた。

募集手当…ネズミ講っぽいウホね

容疑者らは『既存の通貨の時代は終わった!ビットコインに投資すると莫大なお金を稼ぐことができる』
『初期投資した人は、17万ウォンで1億ウォンを稼ぐこともした!』などと投資家を騙し、資金を集めていた。

あ~なんかセミナーしてる絵が浮かぶウホw

知れば知るほどネズミ講

容疑者らは、投資家からの疑いを回避する為に、利子分を仮想通貨で支給するなどして運営し、現時点で判明している被害額は380億ウォン(約38億円)を超えるとみられている。

情報を入手した警察に摘発されたが、容疑者は「ビットコインに投資するように説明会を開催したのは確かだが、最初から詐欺を繰り広げるつもりはなかった」と犯行を否認した。

警察は、彼らがさらに支店を設立し、投資勧誘を行っていた点から見て、さらに多くの被害者がいるとして捜査を拡大する計画である。

やっぱ世界中でこういう詐欺あるウホね

っていうか…2016年1月スタートですよね?ネタ元の新聞記事にある[180%]が年利だとしたら、変な投資話に興味を持つくらいビットコインに関心があったなら、その時期に自分で買っておけば…。

詐欺会社の宣伝する利益より儲かりそうウホw

まぁそれはともかく、被害者は年齢層の高い人達がほとんどみたいですし、日本でも同様の悪事を働いている悪者がたくさんいるでしょうね…。

詐欺の題材に仮想通貨が使われるのは気分が悪いですけど、これも仮想通貨への注目が集まっているからこそでしょう。

メリットばっかり宣伝するとこには要注意ウホよ!!











スポンサーリンク

 - 未分類

×
レスベラトロール